効果的なやり方とは?

エアロバイクを効果的に使うことが、ダイエットの近道。やり方が間違っていれば、いくら頑張っても中々ダイエットの成果が現れませんし、逆に脚が太くなってしまうことも。

そこでエアロバイクを使う前に、正しいやり方を確認しておく必要があります。ジムに通う場合はトレーナーの人にチェックをしてもらうことができますが、自宅で黙々と一人でエアロバイクをする場合は、自分で確認をするしかありません。

やり方についてはエアロバイクの説明書に記載されていますが、ここではさらに効果的な運動方法をご紹介します。

ポイントとなるのはエアロバイクを使う前と、使っている最中ですよ。

準備体操と姿勢

エアロバイクを使う場合だけに限らず、運動をする前には準備体操をすることが大切です。

ケガの防止はもちろん、体を動かす可動域を広げることが大切です。

特に普段運動をする習慣がない人の場合、体が凝り固まっていることが多く、そのまま運動しては運動量が落ちてしまいます。

軽いストレッチで構いませんので、エアロバイクを使う前には準備運動をしましょう。

そして次に注意したいのがエアロバイクを使っている最中の姿勢です。

正しい使い方は説明書で確認をする(機種によって違うので)として、姿勢にも気をつけるようにしてください。

漕ぐことに一生懸命になってしまうと、前のめりになり猫背になってしまいます。

実はこの猫背というのが良くない姿勢で、見た目が悪いというだけでなく酸素を吸い込む量がグンッと減るんです。

脂肪を燃焼させるためには酸素が欠かせません。状態を起こしてしっかり呼吸をするようにしましょう。

エアロバイクを使っていて疲れてくると、楽な姿勢をとろうとして前屈みになりがちです。

吸い込む酸素量が少なければ、エアロバイクで有酸素運動をしても効果が半減してしまうので、姿勢には特に注意をしましょう。

ウォーミングアップとクールダウン

さて次はエアロバイクでの運動方法です。ダイエットを目的としているなら最低でも20分以上は運動してください。

20分以上の動くことで脂肪が燃え始めるからです。またいきなりトップスピードで漕ぎ始めてはいけません。

エアロバイクも他の運動と同じようにウォーミングアップが必要です。このウォーミングアップは5分くらいで良いでしょう。気軽にこげる負荷で運動を始めましょう。

そして運動後もいきなり漕ぐのをやめてはいけません。2,3分エアロバイクを漕ぎましょう。このときも負荷は軽くゆっくりと漕ぎましょう。

クールダウンをすることで運動によって疲労を緩和し、体の故障を防ぎます。以上、4点に注意してエアロバイクを効果的に使って運動してくださいね。