体の抵抗力を向上させ、健康増進に繋がる

運動でダイエットに取り組むという方ですが、ダイエットに成功してからも運動は続けていくといいです。むしろ続けていった方が良いです。

運動する事で体の機能が活発に動き出すので、代謝機能が高まったり、体の抵抗力が強くなります。また、体力や筋力というのは歳を重ねていくごとに徐々に低下していきます。

そして、体を動かさないと、体の組織が硬直しますし、骨密度も少なくなり、骨折もしやすくなります。

iemeer.jpg

また体の組織が硬直して、筋が硬くなり、関節炎等を引き起こすこともあります。高齢になると寝たきりになってしまう原因にもなります。

若いうちから運動する事を習慣づけておれば、大丈夫かと思います。歳を取ってから運動を始める方は、ジョギングといったハードな運動よりは水泳やウォーキングというような、少し息が荒くなる程度の運動に留めておくようにしましょう。

それでも運動するのとしないのとでは全く違いますので、焦らず、できる事をやっていきましょう。

そして、体力が付くと体の抵抗力も強くなりますので、様々な感染症から身を守ることもできます。歳を取って体の自由が利かない方の多くは、やはり運動不足によるものが多いです。

あるいは、一定箇所ばかりに負荷がかかるような姿勢、動作をしている方です。歳を取ると、骨折したり、捻挫したりすると、完治までなかなか時間がかかります。

その間はあまり動く事も出来ないので、筋力が急激に落ちてしまいますので、やはり運動はダイエット関係なく、心掛けるようにしましょう。